依頼のメリット | 交通事故は弁護士が解決【Help法の達人】
弁護士ガイド

依頼のメリット

交通事故にあったとき、自分が加害者や被害者になる場合があります。
交通事故によってケガをしている場合は、特にパニックに陥りがちですが、焦らずに様々な手続きを行っていく必要があります。
交通事故の内容によっては、弁護士に相談したほうがいい場合もあります。
弁護士に相談したときのメリットとして、慰謝料や示談金を自分で話し合いをするよりも増額が期待出来る点が挙げられます。
保険会社が慰謝料や示談金を提示してきますが、これらは最低金額と考えましょう。
損害賠償額には、自賠責基準や任意保険基準、弁護士基準というものがあり、この3つの基準の中で、弁護士基準が最も高額になっています。
この弁護士基準で損害賠償額を請求するときには、自ら弁護士に依頼して、交渉してもらう必要があります。

交通事故のときに、弁護士に依頼するメリットは、慰謝料や示談金の増額だけではありません。
交渉を弁護士に任せることで、自分自身の負担が軽減されます。
弁護士であれば、行政書士とは違って書類の作成や交渉、裁判といった全てのことを行うことが出来ます。
事故の後の手続きや権利に関して、説明を受けることが出来るのもメリットの1つでしょう。
交通事故の被害者になってしまった場合、これからどういった補償を受けることが可能なのかといったことに関して、不安になってしまう人がたくさんいます。
弁護士は今後の流れや内容に関して、丁寧に説明してくれるので、精神的にも安心することが出来ます。