相談や依頼をするとき | 交通事故は弁護士が解決【Help法の達人】
弁護士ガイド

相談や依頼をするとき

交通事故に巻き込まれて、弁護士に相談や依頼をしたいときに、抑えておきたいポイントがあります。
法律に関することは、普段の生活ではあまり感じることはないですが、もしものときに全て法律によって様々なことが決定します。
ですが法律家でもない人が、何かあったときに法律に立ち向かうことは難しいです。
その為、日頃から、トラブルに巻き込まれたときのことを想定して、信頼出来る弁護士を探しておく必要があります。
交通事故に遭った場合、自分に合った弁護士探しを冷静に行うことは出来ないでしょう。
そのため、早めに何かあったら依頼出来る弁護士を探しておき、トラブルを長期化させないようにすることが大切です。

交通事故のようなトラブルに巻き込まれたとき、慰謝料や示談金の交渉が必要になってくるので、多くの人は弁護士に相談をします。
そのときには、必ず予約を入れてから弁護士事務所に行きましょう。
弁護士は様々な案件を抱えていて、日によって法廷に行っていたり、現地調査に行っていたりします。
予約なしで行って、弁護士が不在という状況がないように、予め予約をしてから訪ねましょう。
また、相談するときには事実をしっかりと伝えましょう。交通事故であれば、保険会社の書類を持参してもいいでしょう。
事故の詳細や経緯など、自分なりにまとめていくことで、正確な情報が伝わります。
相談したあと、そのまま契約して実際の書類作りや示談交渉に入っていくこともあるので、予約のときに必要書類の確認をしてもいいでしょう。